新米フリーランス、夢の新築マイホームへの道【その1】

  2019年9月30日

はじめに

著者の簡単なプロフィール

30代前半
Web制作でフリーランス2年目の夫婦(確定申告はまだ1回のみ)
仕事は継続的に受けている状態

新米フリーランスは家を買えるのか?

憧れのマイホーム。
いつかは持つんだろうなぁと思っていたけど
20代だと価格や周りの話を聞いていると現実的になかなか難しい…

ましてや夫婦ともにフリーランス2年目。
この先どうなるかなんて分からない状況で
今すぐ買う、というのは半ば諦めかけていました。

そんな中、友人がマイホームを購入したというじゃないですか。
話しているうちに買うなら早い方が良いんじゃないかと言われ
確かにそうだ、でも仕事柄本当に住宅ローンなんて通るのかな、、と思いつつ

その晩旦那にその話をしているうちに話は

家で仕事をすることがほとんどなので快適な環境をつくりたい

そもそも、引っ越しを考えていた

家賃と同じくらいの金額でいけるのなら家を買う方がいいのではないか

という方向に。

フリーランスでも家を買えるのかインターネットで情報を探してみると
自分たちみたいな同じ境遇の人たちがたくさんいることを知りました。
フリーランスで家を買っている方のブログ記事もたくさんあり、
細かい情報(年収や購入金額など)は分からなかったけど意外とみんな買えている印象を持ちました。

私たちでも買えるんじゃないか?
できる限りやってみよう!

ということで行動に移すことを決意いたしました。

そこから購入までをまとめた記事を書いていきたいと思います。

そもそもローンは通るのか?

一番大きな不安としてはローンを払い続けられるか、ということより
ローンが通るのか、という不安がありました。

冒頭でも書いた通りフリーランス2年目で、
ある程度仕事はあるものの確定申告は一期分とまだまだ実績が少ないのも事実。
銀行のローンはやっぱりそういう状況の人は通りにくいようで
フリーランスでも審査が通りやすいというフラット35というのがいいらしいということがわかりました。

さっそく家の近くのフラット35を取り扱っている店舗に後日話を聞きにいくことになり予約。

フリーランスではよく3年以上の実績が必要だとよく耳にしていたので
正直ダメ元で行きました。(笑)

お店につくと受付の方に案内していただき席につきました。
営業の方がついてくれて、私たちの今の業種、フリーランスということ、
確定申告は1回しかしていないこと、その他もろもろ現状を説明。

すると営業さんは言った。

「大丈夫ですよ〜」

 

 

 

…ん?

 

「借りられるということですか?」

 

「はい、大丈夫だと思いますよ!」

 

なんとあっさり借りられる認定をいただきました。
あまりに軽くあっさりと言われたので正直本当なのか?というかんじでしたが(笑)
事前審査は土地や家を決めてからしかできないようでしたのでここで退散。

半信半疑ではありましたがそれで一気に現実味を帯びました。

話を聞いたあとに本格的に家を探すこととなった私たち。

最初は中古住宅でいいと思って売り物件情報を見ていたけど
いろいろ見ていくうちに結局注文住宅が良いという結論に至り、、

思い立ったが吉日。

近所の展示場を見学することにした。

その2につづく。

ABOUTこの記事を書いた人